抜け毛クリームは恒久抜け毛ではない

抜毛クリームはいわゆる「永久抜毛」とは違います。
何が違うのかといいますと、抜毛クリームでむだ毛が処理できる仕組は、ヘアーを溶かして綺麗に除去するのが抜毛クリームの仕組になりますが、決して一度抜毛クリームを使って除去したからといって次に毛が生えてこないということではありません。
残念ながらまた毛が生えてしまうのです。
それでも永久抜毛は「永久」と謳っているので、永久的に生えてこないという仕組になっています。
その違いは毛根の分隊を破壊しているかどうかの大小にあるのです。
永久抜毛は毛根の分隊を破壊し、二度と生えないようにしてしまうのが永久抜毛です。
レーザーなどで立ち向かうのが一般的ですよね。
反対に抜毛クリームは毛根の分隊を破壊するのではありませんので、また毛が生えてしまうということになるのです。
毛根の分隊は簡単に破損見込めるものではないので、抜毛クリームのような薬剤では簡単に破損はされません。
ですが、抜毛クリームで排除をすると根元からごっそりと除去することもあり、ヘアーが厚くならずに実践を積み重ねるごとにだんだんと薄く、細くなっていくそうですので、あまり目立たなく繋がるということは確かにあるようです。
はさみでの除外やかみそりで処理をするとヘアーが太くなってしまうので、次に伸びるヘアーが濃く、太くなってしまうので、余計に目立ってしまいます。
奥さんにとっては伸びるヘアーが濃くなってしまうとショックですよね。
抜毛クリームで手入れを繰り返していけば問題ないでしょう。